投稿日:2021年7月4日

軟弱地盤に最適な柱状改良工法の特徴

こんにちは!京都府宇治市に拠点を置き、地盤改良工事をメインに手掛ける株式会社エム・コーポレーションです。
地盤改良工事に従事していると、非常に脆く軟弱な地盤に出くわすことがあります。
地盤が柔らかいと建物が不安定になってしまうため、建設前にあらかじめ処置を行っておかなければなりません。
今回のコラムでは、軟弱地盤に最適である柱状改良工法の特徴についてご紹介いたします。

1.柱状改良工法ってなに?


柱状改良工事とは、地盤までセメントを注入して土の中に柱状の補強体をつくり、その上に住宅の基礎を作るという工法です。
2~8m程度までの軟弱地盤を対象としており、建物荷重をしっかりと支持します。

2.どのような特徴がある?

柱状改良工法は、主に不同沈下の可能性がある軟弱地盤に用いられ、支持層が傾いている地盤にも対応しています。
施工時に用いる機械にはさまざまなサイズがあるため、現場の状況に合わせて施工が可能です。
また、本工法は機械攪拌のため無振動で低騒音である点も特徴として挙げられるでしょう。

3.注意すべきこと

柱状改良工法は、現地の土とセメント系固化材を混ぜ合わせて土中に補強体をつくりますが、土質によってはセメントの固化を阻害してしまいます。
仮にセメントが固化不良を起こすと補強帯の強度が不足するため、建物の不同沈下を引き起こす要因となってしまうのです。
したがって、柱状改良工法によって地盤を補強する場合は、その土地の質をあらかじめ十分に解説しておく必要があるでしょう。

協力会社様を募集中です!


京都府宇治市を中心に、関西地方広域にわたり建設業で実績を積み上げる弊社では、現場工事にご協力いただける同業者様を広く募集しております。
どのような現場でも迅速かつ丁寧に施工を行うことを心がけており、豊富な現場経験をもっておりますので、共に作業する際もスムーズに連携を行うことが可能です。
また、基礎工事や地盤改良工事に用いる各種機器も一通り自社で揃えておりますので、皆さまの技術力を存分に活かすことができます。
ご相談の際は、お問い合わせページよりご連絡ください!

私どもと一緒に働きませんか?

弊社では事業規模の拡大を目的として、新たな現場スタッフを求人募集しております。
未経験の方でも安心して成長できる教育体制を設けており、経験者は能力や資格に応じて主に給与面において厚遇いたします。
興味をお持ちの方は、採用情報ページよりぜひご応募ください!
皆さまとお会いできる日を楽しみにしております!

最後までご覧いただき、誠にありがとうございました。

株式会社エム・コーポレーション
〒613-0043  京都府久世郡久御山町島田庚申塚18番
TEL:075-633-6336  FAX:075-633-6337


関連記事

兵庫県豊岡市GIコラム工法

兵庫県豊岡市GIコラム工法

今日から、2班目が現場に行きました! GI130にて、約18mの改良工事です。 明日6月19日GI …

大阪市浪速区の某連続壁土留め工事現場

大阪市浪速区の某連続壁土留め工事現場

大阪市浪速区の某連続壁土留め工事現場です。打設完了しましてプラント他を搬出します。 …

福知山市 某現場 TK550

福知山市 某現場 TK550

今日は朝から晴れていますが、寒いです。昨日の終わりかけに、足元の改良をして帰りました。少しずつ足元は …

お問い合わせ  採用情報